TOP>陶芸>陶芸粘土>化粧土

生白化粧土(1kg)

商品コード:255-576 気になるリストに追加

メーカー希望小売価格:¥972
¥873 (税込)

赤い素地を白い色に変えたり(化粧掛け技法)、化粧掛けをした上から模様を削ったり、素地とのコントラストを演出できます。

在庫:あり
個数:

この商品について問い合わせる

  • Instagram
  • Pinterest

商品詳細

赤い素地を白い色に変えたり(化粧掛け技法)、化粧掛けをした上から模様を削ったり、素地とのコントラストを演出できます。
粉引き・刷毛目・象嵌(ぞうがん)・三島手(みしまで)・飛びかんな、などの技法に最適です。

殆どの粘土にお使いいただくことができる、定着の良い化粧土です。
信楽(しがらき)のようなゴツゴツとした粗目粘土や、低温(900℃程度)で焼成する「楽焼」の場合のみ、化粧土の定着は良くありません。

「化粧掛け」とは
白土が希少だった時代に、白い器(うつわ)にあこがれた先人達が考え出した歴史のある技法です。
成形後の生乾きの時に化粧土を掛け、デザインを施してから素焼き・絵付け・釉掛けをします。(通常は透明釉薬を使用します。)
「生掛け」の手順
  • 生地を半乾燥(生乾き)にする
  • 水で溶いた化粧土を掛ける
  • 素焼き・釉掛け
  • 本焼き

「生掛け」が本格的な方法ですが、乾燥(生乾き)のタイミングが重要です。
素地が湿りすぎたり、乾きすぎた状態で「生掛け」をしますと、素地がゆがんだり崩れたりしますので、初めての場合は素焼き後のほうが失敗が少ないです。

「素焼き後の化粧掛け」の手順
  • 生地の完全乾燥
  • 素焼き
  • 水で溶いた化粧土を掛ける
  • もう一度素焼き→釉掛け
  • 本焼き

「素焼き後の化粧掛け」ですと、素地が崩れる心配はありません。
但し、素焼き素地は水分をたくさん吸収しますので、化粧土が分厚くなり過ぎたり、はがれやすくなることがあります。
そのため、化粧土を少し薄めに溶いたり、素焼き素地に予め若干の水分を含ませておくと、厚掛けを防ぐことができ、美しい化粧掛け作品となります。


商品仕様

  • 粉末・・・1kg

About Icon │ 各マークについて

  • 送料無料ご注文金額合計に関わらず、送料が無料となる商品です。
    【注意事項】
    ・送料無料商品以外の商品を一緒にご注文いただいた場合、送料が発生いたします。
    ・沖縄・離島・島嶼部へのお届けは、別途送料を頂戴します。
  • お取寄せ都度、お取り寄せをする商品です。送料計算は、通常商品と同じです。商品により、納期が異なります。
    【注意事項】
    ・一部、特殊形状の商品は、別途送料がかかる場合がございます。
    ・お急ぎの場合、別途取り寄せ送料をお受けして、3営業日ほどで取り寄せいたします。ご希望の場合はお問い合わせください。
  • メーカー直送品メーカーから、直接お届けする商品です。商品により、送料・納期が異なります。都度、お見積もりをいたします。
    【注意事項】
    ・在庫品と一緒にご注文をいただけません。
    ・代金引換、NP後払い(コンビニ・郵便局・銀行)はご利用いただけません。
  • 見積・問合せメーカー直送品やお取り寄せ対象商品につきましては、見積依頼をいただいてから在庫・納期・送料のご案内をさせていただきます。
    当店からのご案内後、ご注文をいただくようになりますので、ご希望の商品を見積・問合せカートに入れていただき、見積依頼にお進みください。

Category │ カテゴリー

  • 陶芸
  • 版画
  • クラフト・工芸
  • 明かり・キャンドル
  • ウッドクラフト
  • レザークラフト
  • 粘土・彫刻
  • 七宝焼
  • ガラス工芸
  • 彫金・金工