TOP>レシピ>消しゴムはんこを押してオリジナルの「てぬぐい」を作ろう!

消しゴムはんこを押してオリジナルの「てぬぐい」を作ろう!

家紋や連続模様を押せば、本格てぬぐいに!

  • 作品イメージ
  • 江戸時代に、小粋でおしゃれなアイテムとして親しまれていた「てぬぐい」。現代でも活用できる機会はたくさんあります。

    作り方は簡単!消しゴムはんこ(商品名:ゴム印くん)に好きな模様を彫って、布用インクで押すだけ。

    和紙や紐で作った帯を巻けば、まるでお店に並んでいるような本格的な仕上がりに。

    Instagram(インスタグラム)では、「#消しゴムはんこ」の投稿数が約39万件、「#てぬぐい」が約8万件と大人気!

    日本の伝統的な模様・家紋をモチーフにしたり、てぬぐいとインクの色のバランスを考えながら、てぬぐい作りをお楽しみください♪
てぬぐい
  • 両端が縫製されていないのはなぜ?
  • 伝統的な日本てぬぐいの特徴です。
    切りっぱなしのため、乾きが早く雑菌もたまりにくく、簡単に手で裂けて応急処置にも使われていたと言われています。
  • ほつれが気になるんだけど・・・
  • 洗濯していくうちにほつれにくくなります。
    気になる場合はハサミで切り揃えても、ほつれにくくなります。

材料・道具

作り方

「ゴム印くん」を使った作り方

  • ①図案を鉛筆などでトレーシングペーパーに写します。

  • ②写した面をゴム印くんの上にのせ、爪でこすり転写します。

  • ③インクが付く部分を残し、彫刻刀で彫ります。

  • ④鉛筆の線にクレンジングオイルをなじませ、ウェットティッシュで拭きとります。

  • ⑤試し押しして、必要な場合は再び彫り、調整します。

  • ⑥ホルダーにセットして完成です。

「木のゴム印くん」を使った作り方動画

ゴム印に最適!「ゴム印用三角刀」のご紹介

  • 作品イメージ
  • ゴム印くんセットに付属している、彫りやすい「ゴム印用三角刀」。
    三角刀の先端が鋭角に研磨されており、ゴム面に対して彫り始めと終わりがなめらかになり細かい線を作れます。

    • 一般的な三角刀の底面

    • ゴム印用三角刀の底面

布用インク「バーサクラフト」使用のコツ

  • 作品イメージ
  • 布の場合は特にムラなく押印できるよう、インクがしっかり付いているか確認しましょう。
    ゴム印を逆さまにして上からポンポンと付けるとインクの量がわかりやすく、一度に複数の色を使ってスタンプすることもできます。
    スタンプパッドにゴムのカスが付いたりしていないか注意しましょう。

あると便利なお役立ちグッズ!

関連商品はこちら

Category │ カテゴリー

  • 陶芸
  • 版画
  • クラフト・工芸
  • 明かり・キャンドル
  • ウッドクラフト
  • レザークラフト
  • 粘土・彫刻
  • 七宝焼
  • ガラス工芸
  • 彫金・金工