TOP>レシピ>桜花窯変釉で桜色の酒器を作ろう

桜花窯変釉で桜色の酒器を作ろう

桜の花にお酒が浮かぶ♪春を呼ぶ、桜色の酒器を作ろう

  • 作品イメージ
  • やわらかな桜色のグラデーション。
    明るく繊細な表情は、桜の花のイメージにぴったり。

    桜花窯変釉(おうかようへんゆう)ならではの風合いを生かして、桜色の酒器を作ってみましょう。

    輪花(りんか)の技法で形を作れば、まるで、桜の花でお酒を呑んでいる気分♪

    いつもの晩酌も、春の風情に。
    お花見や、春の宴も、いっそう華やぎます♪
    春の訪れを、桜色の器で迎えましょう。

作品例・使用例

  • 桜花窯変釉ならではの風合いを生かして、桜の花を、ぐい呑みの形に。「しべ」の紅色で、いっそう華やぎます。たくさん作って、春の宴を盛り上げましょう。

  • 桜花窯変釉ならではの繊細な風合い。デコライナーを紅白で描き分ければ、いっそう華やいだ作品に。たくさん作って、仲間とシェアして盛り上がりましょう。

  • 桜花窯変釉を、いろんな器に展開してみましょう。右上の作品は、今回のぐい呑みから二回りほど大きく作って、桜色の小鉢にしてみました。

目次

用意するもの(主な陶芸用品)

ぐい呑みの作り方(※電動ろくろを使用)

1.成形

  • ①通常のぐい呑みの形を作る

    ぐい呑み形に成形します。後で見込み(作品の内側)に、「しべ」を絵付けするので、描きやすい内面に調整します。

  • ②5等分の輪花をつける

    輪花(りんか)のデザインにするために、ろくろ作業時、粘土が柔らかい間に指先で5か所を内側に凹ませます。

  • ③土台から作品を切り離す

    輪花の形が整ったら、しっぴき(切り糸)で作品を切り離し、半乾きになるまで置いておき、高台削りに移ります。

    この工程の作り方詳細はこちら

2.削り・細工

  • ①ポンスで切り込みを入れる

    高台削りの直後に、ポンスで桜の花びらの切り込みを入れます。穴をあける感覚で削ります。今回は、2mmΦのポンスを使用しています。

  • ②粘土カッターで切り込みを整える

    さらに、桜の花びらの切り込みを丁寧に削って整えます。ヒビ防止のため、V字にせず、丸みを持たせます。

  • ③スポンジでなめらかにする

    少し濡らしたスポンジで、切り込みをこするようにしてなめらかにします。切り込みに丸みを持たせるイメージです。

    この工程の作り方詳細はこちら

3.素焼き・絵付け

  • ①鉛筆で下描きをする

    素焼き後、高台に釉抜き剤を塗り、「しべ」の下描きをします。切り込みから線をおろすと、5等分線が引けます。

  • ②デコライナーで絵付けをする

    長めの5等分線の間に、短めの5等分線を描き、先端と中央に点を打ちます。細い線は慎重に描きましょう。

  • ③絵付けができたところ

    デコライナーの絵付けは、素焼き後が描きやすいですが、素焼き前(削り直後の半乾き状態)でも絵付けできます。

4.釉掛け・本焼き

  • ①桜花窯変釉の釉掛け

    デコライナーの下絵が十分に乾いたら、釉薬を掛けます。今回は、片手で一度に内外の釉薬を掛けられる方法です。

  • ②手首のスナップで釉薬掛け

    作品を高台内まで沈めて少し浮かせたら、一瞬で手首を素早く上下させて、見込み(内側)にも釉薬をのせます。

  • ③釉薬を掛け終わったところ

    内側はひしゃく掛け、外側はどぼがけ(浸し掛け)をして、2回に分けて釉薬を掛けてもOKです。

陶芸作品例(桜花窯変釉)

  • 桜のぐい呑み(デコライナー白)

    本焼きをして完成した作品です。デコライナーの絵付け部分は釉薬が薄くなるので、線が浮き出て見えます。

  • 桜のぐい呑み(デコライナーピンク)

    デコライナーのピンクを使うと、より、桜の「しべ」らしくなります。紅白で揃えてみてください。

  • 桜の小鉢

    ぐい呑み作品を、二回りほど大きく作れば、小鉢になります。桜花窯変釉の作品バリエーションを広げてみてください。

お客様作品のご紹介

静岡県T・M様の作品

  • お客様のコメント

    作品が大好評で、桜祭りを楽しめました。
    酸化で焼いた器は、きれいな桜色になり、還元で焼いた器は、侘びた風情となりました。

    当店のコメント

    作品のお写真、誠にありがとうございます。
    大変素晴らしい出来栄えですね!
    桜花の形や、しべのデザインも美しく、T・M様の技術の高さが伺えます。
    桜花の作品で、桜祭りも、いっそう楽しく盛り上がったことと存じます。
    これからも、ぜひ陶芸をお楽しみください。

オススメ商品

ご紹介の作品作りには、この商品をお使いください。

  • ポンス 2mmφ

    ポンス 2mmφ

    粘土作品に穴をあけるための必須道具。半乾きの時に先端を作品に当て、回すようにして穴あけをします。

  • 粘土カッター

    粘土カッター

    シャープな刃のついた、陶芸粘土カット専用のカッターです。切れ味が良く、タタラ板を切ったり、細かな細工にも最適。

  • デコライナー(陶芸用盛り絵具)7色セット

    デコライナー(陶芸用盛り絵具)7色セット

    カラフルなイッチン描き(盛り絵)が簡単に。化粧土の調整が不要で、素地への定着も優れています。単品もあります。

  • 桜花窯変釉(おうかようへん)1kg

    桜花窯変釉(おうかようへん)1kg

    当店の人気釉薬!繊細な釉薬の表情は、春の桜そのもの。窯変が素晴らしく、発色の良い、扱いやすい釉薬です。

この電気窯で焼ける!

ご紹介の作品焼成が楽しめます♪
今月は、特価お見積実施中!今スグご依頼ください。

お見積・お問い合わせについて
お見積のご依頼は、商品詳細ページの「見積・問合せ」ボタンからお手続きいただけます。
お見積りご依頼方法詳細は、こちらをご確認ください。

ワンポイント アドバイス

ポンスの使い方について

陶芸作品の穴あけに必須のポンス。穴あけのタイミングは、高台削りができる程度の半乾き状態が最適です。
先端を作品に刺して、指先で回しながら押していくと、きれいな正円の穴があけられます。
粘土がポンスの中に詰まりますので、都度、細い棒などで押し出しておきます。
ポンスには、様々なサイズがあります。今回使用したのは2mmΦですが、掃除棒付きなので便利です。

輪花(りんか)の作り方について

陶芸作品の口縁を、花形に整えた作品を「輪花(りんか)」と呼びます。
今回の作り方レシピのように、指で花形をつける方法や、粘土カッターなどで切り込みを入れる方法があります。
切り込みを入れる時には、V字を鋭利せずに、なめらかな丸みを持たせることがポイントです。
V字を鋭利にすると、乾燥時・焼成時に、切り込みからヒビが入ることがありますのでご注意ください。
このような時にも、ポンスが活躍します。ポンスを使えば、丸みのある切り込みに成形できます。

イッチン描きについて

陶芸作品に盛り絵を描く技法に、「イッチン描き」があります。
下絵付けでイッチンを描く場合には、化粧土を使います。通常は化粧土を調整してイッチン絵の具を作りますが、
当店のデコライナーなら、調整不要で手軽にイッチン描きをお楽しみいただけます。

デコライナーについて

デコライナーの容器は、先端をはさみでカットして、細さ・太さを調節できるようになっています。
極細の線は描けませんが、細い線を描く場合は、少しずつ、慎重に先端をカットしてください。
糊分が分離したり、粘度が均一でない場合は、竹串などでよく攪拌してください。
スポイトの出口が絵の具が固まって詰まるので、詰まった時は、細い針金などで穴を通してください。
不要な素焼き片を使い、絵の具の出具合を、都度確かめてから、本番作品の絵付けをすると良いです。

デコライナーの描き方

デコライナーで描くタイミングは、粘土が生乾きの時、素焼き後、いずれもOKです。
素焼き後のほうが、素地の取扱いがしやすいです。
今回の作り方レシピでは、素焼き後に描いています。

①素焼き後に描く場合

素焼き後に描く場合は、厚く盛り上げると絵の具にヒビ割れが入ることがあります。(素焼き素地に、デコライナーの水分が急に吸われるため)
素焼き素地にスポンジや霧吹きなどで、若干、水分を与えてから描いてみてください。
また、厚く盛り上げると本焼き時に釉薬のノリが悪くなる(釉メクレ・剥がれる)ことがありますので、軽く盛り上げる程度のほうが良いようです。

②生乾きの時に描く場合

完全に乾いてしまうとデコライナーが定着せず、剥がれることがありますので、水分が残っている「生乾き」の時に描いてください。

デコライナーの釉掛けについて

デコライナーは、乾くと固まり、素地に定着します。よく乾いてから釉掛けをしてください。
釉掛け時、作品をどぼ掛けする前に、盛り上がり箇所(溝の部分)には釉薬が入りにくい(隙間ができやすい)ので、釉薬を筆で塗りつけ、指先で軽くこすって溝に埋め込んでから、釉薬のどぼ掛けをすると良いと思います。
また、釉掛け直後にピンホール(小さな穴や泡)が残った場合は、指先で軽くこすって平らにならしてください。

Category │ カテゴリー

  • 陶芸
  • 版画
  • クラフト・工芸
  • 明かり・キャンドル
  • ウッドクラフト
  • レザークラフト
  • 粘土・彫刻
  • 七宝焼
  • ガラス工芸
  • 彫金・金工