TOP>レシピ>レトロ可愛いモザイクの箱づくり

レトロ可愛いモザイクの箱づくり

  • 作品イメージ
  • モザイク小物の作り方は簡単!並べて貼って隙間を目地剤で埋めるだけ☆
    今回は小物収納にピッタリな、可愛いモザイク木箱の作り方をご紹介します。
    使用するタイルは、“アートモザイコ”!
    1cm角の本格的な磁器製モザイクは、並べるだけでおしゃれな雰囲気に!ぜひ挑戦してみてくださいね♪

    制作監修:新日本造形株式会社 企画部

    広い分野で豊富な知識とノウハウをもつプロ集団!
    みなさまに手づくりの楽しさを伝えるため奮闘中☆
    制作でお困りの際は、お気軽にご相談を♪

    ご相談・お問い合わせ

用意する材料・道具

レシピの材料や、あると便利なおススメ商品をご紹介します。

その他 使用するもの
紙コップ、使い捨てスプーン、台所用スポンジ、マスキングテープ、両面テープ(なくてもOK) など

作り方

  • ①材料を用意し、汚れても差し支えないようエプロンなどを着用します。

  • ②箱の表面を紙やすり(#400程度)で軽く整えます。

  • ③必要に応じて木箱に着色やニス仕上げをします。ここではワシン水性カラーワックスのチーク色をウエスで擦り込んでいます。

  • ④実際にモザイクを乗せて、どんな模様にするか考えましょう。両面テープで仮止めするとずれません。今回はタテ8個・ヨコ12個で制作しました。

  • ⑤接着剤でモザイクを接着していきます。接着剤はよく換気しながら使用しましょう。

  • ⑥モザイクを全部置けたら、完全に接着するまで2~3時間待ちます。

  • ⑦目地セメントの粉末を紙コップにとり、水を少量入れてスプーンで混ぜ合わせます。目地剤がジェラート状になるまで水を少しずつ足します。

  • ⑧箱の周りをマスキングテープで保護し、目地剤をラバーヘラで塗ります。気泡が入るとひび割れの原因になるので、モザイクの隙間を丁寧に埋めましょう。モザイクに少量の目地剤が付いても大丈夫です。

  • ⑨半乾燥の状態のときに、水を含ませよく絞ったスポンジで表面を拭きます。目地剤の下からきれいなモザイクがあらわれました。

  • ⑩1~2日しっかり乾燥させ、最後に乾いた布で表面をよく拭きます。

  • ⑪レトロ可愛いモザイク箱の完成です!

  • あらかじめ美しい配色の同系色がセットされているアートモザイコミックスを使うのもオススメです。(配色パターン:ピンクブルーグリーンブラウンモノクロ

ご注意
目地剤はセメントと同様の成分ですので絶対に水道に流さないでください。
余った目地剤はお住まいの自治体の廃棄方法に従って処分してください。

応用作品のご紹介

生活の中で使えるさまざまなアイテムをモザイクで彩ってみましょう♪

  • フォトフレーム

    作品イメージ

  • はがき箱

    作品イメージ

  • チーズカッター

    作品イメージ

  • トレー

    作品イメージ

Category │ カテゴリー

  • 陶芸
  • 版画
  • クラフト・工芸
  • 明かり・キャンドル
  • ウッドクラフト
  • レザークラフト
  • 粘土・彫刻
  • 七宝焼
  • ガラス工芸
  • 彫金・金工