HOW TO

TOP>手作りハウツー>粘土・彫刻>粘土・彫刻 Q&A>てん刻とは

TOP>手作りハウツー>粘土・彫刻>粘土・彫刻 Q&A>てん刻とは

てん刻とは

てん刻とは、書画の落款などに押す印を、印材石に彫ることを指します。篆書体(てんしょたい)を刻むことが多いことから、この言葉が使われるようになりました。現在では、書体に関係なく、古文・篆書・隷書・楷書・行書・草書・仮名・ローマ字等でも制作されています。


  • 【陰刻】
    文字の部分を刻み取って、他の部分を残します。朱肉をつけて押すと、文字が白く残るので「白文(はくぶん)」とも呼ばれます。


  • 【陽刻】
    文字の部分と輪郭を残し、他の部分を刻み取ります。朱肉をつけて押すと、文字と輪郭が赤く残るので「朱文」(しゅぶん)とも呼ばれます。

※陽刻と陰刻を混合して表現する方法もあります。

Recommend | 関連商品

Category │ カテゴリー

  • 陶芸
  • 版画
  • クラフト
  • 明かり
  • ウッド
  • レザー
  • 粘土・彫刻
  • 七宝
  • ガラス
  • 彫金・金工