HOW TO

TOP>手作りハウツー>版画>版画 技法ガイド>エングレービング技法

TOP>手作りハウツー>版画>版画 技法ガイド>エングレービング技法

エングレービング技法

エングレービング〈engraving(英語)〉は、ビュラン〈burin(仏語)〉とも言われ、版に直接鋭く線刻する技法で、シャープな線の効果を得るための技法です。

使う材料


  • (1)下絵を版に写す
    トレーシングペーパーに鉛筆で下絵を描き、カーボン紙を用いて版に写します。


  • (2)ニードルで基本線を描く
    直接版面にビュランで線刻するのは困難なので、軽くニードルで下絵をなぞり基本線を描きます。


  • (3)ビュランで線刻する
    ニードルで描かれた線に沿ってビュランで線刻していきます。ビュランはよく研いだものを用い、ゆっくりと彫り進めます。


  • (4)スクレーパーでバーをとる
    数本の線刻が終るごとに、スクレーパーでバーを削り取りながら作業を進めます。

Recommend | 関連商品

Category │ カテゴリー

  • 陶芸
  • 版画
  • クラフト
  • 明かり
  • ウッド
  • レザー
  • 粘土・彫刻
  • 七宝
  • ガラス
  • 彫金・金工