HOW TO

TOP>手作りハウツー>版画>版画 技法ガイド>ドライポイント技法

TOP>手作りハウツー>版画>版画 技法ガイド>ドライポイント技法

ドライポイント技法

ドライポイント〈dry point(英語)〉は、ポワント・セッシュ〈pointe seche(仏語)〉とも呼ばれ、ニードルやドライポイント小刀で彫られた線に沿ってできるささくれ(バーと言います)にインクが残って、柔らかく美しいにじみの効果を得る技法です。

使う材料


  • (1)線刻する
    ニードルやドライポイント小刀を用いて、版面を切り裂くように線刻していきます。
    ※工具はよく研いでから使います。


  • (2)面を表現する
    広い面の表現は、線刻の集合で表現します。


  • (3)スクレーパーでバーをとる
    ニードルで描かれた線に沿ってビュランで線刻していきます。ビュランはよく研いだものを用い、ゆっくりと彫り進めます。


  • ニードルや、ドライポイント小刀で削られた線は、A図のようになり、スクレーパーでバーを削り取ると、B図のようになります。

Recommend | 関連商品

Category │ カテゴリー

  • 陶芸
  • 版画
  • クラフト
  • 明かり
  • ウッド
  • レザー
  • 粘土・彫刻
  • 七宝
  • ガラス
  • 彫金・金工