HOW TO

TOP>手作りハウツー>陶芸>陶芸 技法ガイド>染付けぐい呑みの絵付け方法(市松模様作品)

TOP>手作りハウツー>陶芸>陶芸 技法ガイド>染付けぐい呑みの絵付け方法(市松模様作品)

染付けぐい呑みの絵付け方法(市松模様作品)

用意するもの(主な陶芸用品)

・・・必ず使うもの
・・・あれば便利なもの
(※制作工程順に記載)

材料・道具
釉抜き剤CP-E(油性) ・・・高台の釉薬を弾く
古代呉須(こだいごす) ・・・染付けの絵付けに使う
焼貫呉須(やきぬきごす) ・・・染付けの絵付けに使う
平線アルミべらセット ・・・失敗した線を削る
粘土カッター ・・・失敗した線を削る
ねりピタ ・・・作品がずれないように固定する
SN-陶芸筆セット ・・・絵付けに使う
乳鉢・乳棒 ・・・呉須絵の具をする
絵の具用接着剤(B-1) ・・・絵の具の定着を良くする
梅皿菊皿 ・・・絵の具の濃さを使い分ける
手ろくろ ・・・ろくろを回しながら絵付けをする
作り方・手順
1. 高台(こうだい)に釉抜き剤(釉薬用・撥水剤)を塗る
  • 1. ホコリを拭く
    素焼きができたら、軽く濡らしたスポンジで表面のホコリを拭き取ります。ホコリによる釉薬の不具合を防ぎます。バリは細工かんなや、耐水ペーパーで落とします。
  • 2. 釉抜き剤の準備
    釉抜き剤を容器に移します。油性は溶剤系のため、ガラスや陶磁器など、溶けない容器が最適です。換気をして、エプロンなどを付けて作業ください。
  • 3. 高台内を塗る
    釉抜き剤を筆に含ませて、高台内を塗ります。(今回は蛇の目(ジャノメ)高台のため高台内を塗っています。)※釉抜き剤は、修正できないのでご注意ください。
  • 4. 高台畳付きに塗る
    畳付き(卓上に接する部分)に塗ります。ろくろを回転させて塗ります。肘が浮かないように、テーブルに肘を付けながら作業すると、手先がブレにくくなります。
  • 5. 高台の立ち上がりに塗る
    本焼き時の釉薬のひっつきを防ぐため、高台の外側、立ち上がりの2mm程度に釉抜き剤を塗ります。筆の腹で塗ると、塗りやすいです。
  • 6. 筆をよく拭く
    穂先が固まらないうちに、すぐに拭き取っておきます。ティッシュで絞るように、穂先がさらさらになるまで拭きましょう。(※釉抜き剤専用の筆を用意してください。)
2. 鉛筆で下描きをする
  • 1. 手ろくろに作品を置く
    中心に置きます。ろくろを回転して、ブレが出ていたら、中心にくるように調整します。鉛筆で筋を付けると、中心が出ているか、確認しやすくなります。
  • 2. 4分割のマーキング
    十字を描くイメージで4分割し、口縁に印を付けます。目分量でOKです。きっちり分割する場合は、正円にカットした紙を数回半分に折り、目印にします。
  • 3. 8分割・16分割のマーキング
    4分割の中心に印をして、8分割し、鉛筆で印を付けます。同様に、8分割の中心に印をつけて、16分割します。シャープペンが細く描けるので、おすすめです。
  • 4. 市松模様の縦線・横線を下描き
    手ろくろを回しながら、外側に4分割の横線を、高台際にもう一本横線を引き、ます。次に、口縁の16分割の印から、垂直に降ろすように、縦線を引きます。
  • 5. 見込みの二重線を下描き
    手ろくろを回しながら、見込み(作品の内側)に二重線を描きます。お好みにより、描かなくてもOKです。ねりピタで作品を固定すると描きやすくなります。
  • 6. 見込みの七宝模様を下描き
    見込みの飾りとして、七宝模様を描きます。お酒を注いだときに、この模様がゆらゆら揺れる風情を楽しめます。お好みにより、描かなくてもOKです。
3. 呉須(ごす)絵の具で絵付けをする
  • 1. 見込み線を描く
    呉須絵の具を面相筆に含ませて、内側から描きます。(外側から描くと、内側を描く時に、外側の絵が指で汚れるため)手ろくろを回しながら円を描きます。
  • 2. 見込みの縁線を描く
    手ろくろを回しながら、口縁の二重線を引きます。肘が浮かないように固定して描くと、穂先が安定して描きやすくなります。お好みにより、描かなくてもOKです。
  • 3. 見込みの七宝模様を骨描き
    七宝模様の骨描きします。(こつがき:輪郭線を描く)見込みの底部は描きにくいですが、丁寧に描きましょう。線が失敗しても、削って修正できます。
  • 4. 見込みの七宝模様にダミ塗り
    骨描き内を、ダミ塗りします。ダミの呉須絵の具は、水で薄めに溶いておきましょう。薄すぎるようで丁度良いかもしれません。お好みで濃度を調整ください。
  • 5. 外側の横線を引く
    下描き線を目安に、手ろくろを回しながら、横線を引きます。少し多めに呉須絵の具を含ませると、かすれずに描けますが、描きやすい分量を調整ください。
  • 6. 外側の縦線を引く
    下描き線に合わせて、縦の線を引きます。利き手の小指を作品の縁にかけながら描くと、穂先が安定します。垂直に、すーっと線を降ろしていくイメージです。
  • 7. はみ出た線を修正(削る)
    線がはみ出たり、太すぎたりした時には、削って修正することができます。先端が鋭利な粘土カッターや、平線アルミべらセットがとても使いやすく、便利です。
  • 8. 市松模様のダミ塗り
    市松模様の格子を、互い違いにダミ塗りします。呉須の絵を指で触れて汚さないように、縁と底を持ちながら描きます。水分を延ばす感覚で塗りつぶします。
  • 9. 市松模様の絵付け完成!
    塗りつぶし部分の濃さは、お好みで調整ください。薄目に塗っても味わい深い作品に仕上がります。あとは染付け釉を掛けて、本焼きします。
おすすめ商品

ご紹介の技法には、この商品をお使いください。

  • 古代呉須(こだいごす)
    古伊万里のような古風な藍色が出せる伝統の絵の具。和の情緒たっぷりの染付けに。他の呉須とのブレンドもできます。
  • SN-陶芸筆セット
    絵付けに必須!細線がさらっと描ける弾力のある極上筆や、面塗り用のダミ筆も揃う5本フルセットです。
  • ねりピタ
    粘着力があり、絵付けの時に、作品がずれないように固定する時に便利。小さくちぎって、底部4点を固定します。
  • 染付け釉(そめつけゆう)
    電気窯でも、還元した染付け風の青味のある仕上がりになる、新登場の釉薬です。呉須の藍色が良く映えます。
この電気窯で焼ける!

ご紹介の作品焼成が楽しめます♪ 今月は、特価お見積実施中!今スグご依頼ください。

  • 広い炉内! 当店人気No.1!マイコン小型電気窯 DMT-01型
  • マイコン付! 高性能&安全設計!小型電気窯 Petit DUA-01型
  • 届いてすぐに始められる!らくらく陶芸フルセット初心者用

お見積のご依頼は、商品詳細ページの「見積・問合せ」ボタンからお手続きいただけます。
詳しくは、こちらをご確認ください。

ワンポイント アドバイス
絵付けについて

ろくろ成形時に、中心がしっかり取れているほど、きれいな線が描けますが、線のブレは、手作りの味わいです。
まずは、自由に、お絵描き感覚で、呉須の絵付けをお楽しみください。
簡単な模様から始めてみましょう。

呉須の線描き・ダミ塗りについて

線描き(骨描き)は、先細で毛足の長めの筆(面相筆)をお使いください。
水含みが良い筆なら、細い線を長く描けます。
少し多めに呉須絵の具を筆に含ませて、 水分を引き延ばす感覚で描いてみてください。
ダミ塗りは、ダミ筆を使い、多め(垂れない程度)に絵の具を含ませて、水分を薄く延ばす感覚で塗りつぶします。

釉抜き剤について

釉抜き剤は、油性と水性の2種類があります。
油性は強力な撥水効果がありますが、臭いが強いので、換気をしっかりしてください。
素焼きの余分なところに付くと、染み込んで落とせないため、垂れない程度を筆に含ませます。
また、筆が固まりやすいので、釉抜き剤専用の筆を用意します。
使用後は、ティッシュなどで穂先がさらさらになるまでよく拭いてください。
水性は、油性のような臭いは少なく、筆の水洗いができます。

関連レシピ・手作りハウツー

Category │ カテゴリー

  • 陶芸
  • 版画
  • クラフト
  • 明かり
  • ウッド
  • レザー
  • 粘土・彫刻
  • 七宝
  • ガラス
  • 彫金・金工