HOW TO

TOP>手作りハウツー>陶芸>陶芸 技法ガイド>呉須絵の具(下絵の具)の調整方法

TOP>手作りハウツー>陶芸>陶芸 技法ガイド>呉須絵の具(下絵の具)の調整方法

呉須絵の具(下絵の具)の調整方法

用意するもの(主な陶芸用品)

・・・必ず使うもの
・・・あれば便利/他の陶芸用品で代用可能なもの
(※制作工程順に記載)

材料・道具
古代呉須(こだいごす) ・・・染付けの絵付けに使う
焼貫呉須(やきぬきごす) ・・・染付けの絵付けに使う
乳鉢・乳棒 ・・・呉須絵の具をする
絵の具用接着剤(B-1) ・・・絵の具の定着を良くする
梅皿菊皿 ・・・絵の具の濃さを使い分ける
作り方・手順
1. 呉須絵の具(粉末)を乳鉢に入れる
  • 1. 必要な材料・道具を揃える
    呉須絵の具(粉末)は、水を混ぜるだけでも使えます。水を加え、乳鉢・乳棒でよく擂ると、キメが細かくなり、ダマも出にくくなります。のり剤があれば、定着力が増し、筆の伸びも良くなります。
  • 2. 呉須の粉末を乳鉢に移す
    必要量の呉須(古代呉須)を、乳鉢に移します。絵の具をブレンドする際は、スプーン摺り切りで○杯分、と計っておくと、後で同様の色を作る時の参考になります。
  • 3. 混ぜる呉須を乳鉢に加える
    古代呉須(スプーン2杯)に、海へき呉須(スプーン半量)程度を加えます。単体でも、混ぜてもOKです。お好みで調整ください。(※正確に混ぜる際は、デジタル秤などで計測ください。)
2. 水・のり剤を混ぜてする
  • 1. 呉須の粉末に水を加える
    霧吹きは、水の量を調節しやすいのでおすすめです。水を加えたら、乳棒をぐるぐる押しまわしながら、すります。濃い時は、水をさらに加えます。
  • 2. 乳鉢・乳棒でよくする
    水を適量加えながら、まんべんなくすり合わせます。ペースト状では濃すぎるので、水をさらに加えて混ぜます。サラサラ感が出る程度に調整します。
  • 3. のり剤を混ぜてする
    のり剤(絵の具用接着剤B-1)を3滴ほど垂らして混ぜ、すります。適量の水を加えて、濃度を最終調整し、すり合わせれば出来上がりです。
3. 菊皿に絵の具をのせ、濃度を調整する
  • 1. 呉須絵の具を梅皿に移す
    出来上がった呉須を筆で梅皿に移します。水を適量加えて、一番濃い状態の絵の具を作ります。不要な素焼き片に試し描きしながら調整します。
  • 2. 数種類の濃さに調整する
    濃い・中くらい・薄いの3パターンを中心に、作品のイメージに合わせて数色作ります。骨描き用(枠線や縁取り)は濃い目、ダミ塗り用は薄目を使います。
  • 3. 試し描きをする
    作品に描く前に、不要な素焼き片で試し描きして、濃さを確認します。絵の具が盛り上がる状態では濃すぎる(釉薬をはじくことがある)ので、適宜薄めます。
おすすめ商品

ご紹介の技法には、この商品をお使いください。

  • 古代呉須(こだいごす)
    古伊万里のような古風な藍色が出せる伝統の絵の具。和の情緒たっぷりの染付けに。他の呉須とのブレンドもできます。
  • 絵の具用接着剤(B-1)
    水で溶いた呉須絵の具に少量添加すると、筆の走りが良くなります。定着力が増し、こすれてもはがれにくくなります。
  • SN-陶芸筆セット
    絵付けに必須!細線がさらっと描ける弾力のある極上筆や、面塗り用のダミ筆も揃う5本フルセットです。
  • 染付け釉(そめつけゆう)
    電気窯でも、還元した染付け風の青味のある仕上がりになる、新登場の釉薬です。呉須の藍色が良く映えます。
この電気窯で焼ける!

ご紹介の作品焼成が楽しめます♪ 今月は、特価お見積実施中!今スグご依頼ください。

  • 広い炉内! 当店人気No.1!マイコン小型電気窯 DMT-01型
  • マイコン付! 高性能&安全設計!小型電気窯 Petit DUA-01型
  • 届いてすぐに始められる!らくらく陶芸フルセット初心者用

お見積のご依頼は、商品詳細ページの「見積・問合せ」ボタンからお手続きいただけます。
詳しくは、こちらをご確認ください。

ワンポイント アドバイス
呉須の濃度について

呉須は、濃すぎると、焼成時に釉薬を弾いてしまうことがあります。(釉ハゲ、釉メクレ)
素焼き片に試し描きした時に、呉須が盛り上がるようだと濃すぎますので、水で薄めて調整ください。
また、濃いと、筆の運びが悪くなり、線が続かず、かすれます。
筆の運びがスムースになるよう、適度な濃度に調整してください。

呉須の絵付けについて

骨描き(こつがき)で縁取り線や枠線を描いた後、ダミ塗りをします。
ダミ塗りは、薄く溶いた呉須で行います。
素焼きは、吸水性が高いので、ダミ筆には多めに絵の具を吸わせておきます(垂れない程度に)。
塗る時は、水滴を薄く延ばすような感覚で塗り広げると良いと思います。
穂先を塗り面から離すと、ムラが出ます。
なるべく穂先を付けたまま塗り広げると、ムラが出にくくなります。
多少のムラは必ず出ますが、ムラも染付けの味わいのうちですので、楽しんで創作してください。

関連レシピ・手作りハウツー

Category │ カテゴリー

  • 陶芸
  • 版画
  • クラフト
  • 明かり
  • ウッド
  • レザー
  • 粘土・彫刻
  • 七宝
  • ガラス
  • 彫金・金工