HOW TO

TOP>手作りハウツー>版画>版画 技法ガイド>布地用インク全般の使用上の留意点

TOP>手作りハウツー>版画>版画 技法ガイド>布地用インク全般の使用上の留意点

布地用インク全般の使用上の留意点

  • 新しい布地には、のりがついています。印刷前に一度洗濯し、のり分を洗い落としてからご使用ください。
  • いろいろな布地に印刷できますが、合成繊維100%の布地には対応する絵の具をご使用ください。
  • 混紡布地の場合、化繊用バインダーを混ぜ、定着力がよいか試した上でご使用ください(濃色布地用インクの場合は混入不要)。
  • 濃い色物の布地には、濃色布地用インクまたは、ベジポップをご使用ください。
  • 多量に刷る場合には、布地用インクが素材に適するかどうか十分に確かめてからご使用ください。
  • 熱処理は、石油のような臭いがするまで十分に行ってください。アイロン(140℃)で約50秒。
  • スクリーン生地は、絹なら100メッシュ、テトロンなら150メッシュ以下を用います。
  • 大量に印刷する場合は耐水性の版を使います(耐水ジアゾ感光ヒラーを使用)。
  • 50枚以内でしたら、グランド原紙・ジアゾ感光乳剤・サン描画乳剤の版が使えます。
  • スクリーン生地は、絹なら100メッシュ、テ印刷時には必ず「インク返し」(印刷後、版を上げ、スクィジーでインクを元の位置へ軽く戻す)をしてください。印刷中の目詰まりが防げます。
  • 多色刷りの場合には布地が伸縮します。布地を捺染ボンドで台紙に仮止めして印刷してください。

Recommend | 関連商品

Category │ カテゴリー

  • 陶芸
  • 版画
  • クラフト
  • 明かり
  • ウッド
  • レザー
  • 粘土・彫刻
  • 七宝
  • ガラス
  • 彫金・金工