HOW TO

TOP>手作りハウツー>陶芸>陶芸 技法ガイド>2種類の釉薬の掛け分け方法

TOP>手作りハウツー>陶芸>陶芸 技法ガイド>2種類の釉薬の掛け分け方法

2種類の釉薬の掛け分け方法

陶芸では、ひとつの作品に複数の釉薬を掛けることがあります。
色合いの違いによるコントラストを楽しめます。
また、性質や発色の異なる釉薬を掛け分けしたり、重ね掛けをすると、
釉薬同士が混ざり合い、思いもよらない発色をすることもあります。
重なり合った部分は、単独では出せない趣のある表情の釉調になります。

用意するもの(主な陶芸用品)

・・・必ず使うもの
・・・あれば便利なもの
(※制作工程順に記載)

材料・道具
手ろくろ ・・・釉抜き剤を塗る時に使う
粘土 ・・・陶芸用粘土
釉抜き剤 ・・・高台の釉薬を弾く
漏斗(ロウト) ・・・細い口に釉薬を注ぐ
計量カップ ・・・細い口に釉薬を注ぐ
釉薬プラ容器(ここでは2Lを使用) ・・・1kgの粉末釉薬に最適なサイズ
釉薬(ここでは2種類) ・・・掛け分け用の釉薬
作り方・手順
1. 釉掛け前の準備
  • (1)素焼き作品の表面を拭く
    素焼き後の作品の表面を、軽く水を絞ったスポンジで拭き、ホコリや粒子を拭き取ります。※ホコリなどが残っていると、釉薬の乗りが悪くなったり、剥がれたりする原因になることがあります。
  • (2)シッタの上に作品を置く
    釉抜き剤を高台に塗ります。今回は口がすぼまった作品のため、シッタを使います。シッタをろくろの中心に据え、作品を伏せて置きます。中心・水平が出るように置くと、釉抜き剤が塗りやすくなります。 シッタの使い方はこちらをご確認ください。
  • (3)高台に釉抜き剤を塗る
    高台まわりに釉抜き剤を塗ります。まず高台畳付き(接地面)に塗り、内外の立ち上がり2mm程度に塗布します。釉抜き剤を塗った箇所は、釉薬を弾くので、本焼き時の棚板への溶着を防ぎます。
2. 内側に釉薬を掛ける
  • (1)内側に釉薬を注ぐ
    ロウトを使って、ミニ花瓶の内側に釉薬を注ぎます。※釉薬は、通常より薄目に溶いたものを使用します。濃い濃度の釉薬を使うと、ミニ花瓶の口が小さいため、釉薬が詰まることがあります。
  • (2)計量カップを使ってもOK
    柔らかいプラスチック製の計量カップを利用してもOKです。(1)のように、薄目に溶いた釉薬を使用し、カップの口を細くして注ぎます。作品を軽く振り、内面に釉薬を行きわたらせます。
  • (3)釉薬を流し出す
    すぐにひっくり返して釉薬を流し出します。外側にこぼれた釉薬は、水で濡らしたスポンジで拭き取ります。しばらく置いて水分を乾かします。(水分が残っていると、外側の釉薬の乗りが悪くなります)
3. 1種類目の釉薬を掛ける
  • (1)釉薬をよく攪拌する
    粉末釉薬の場合は、粉末に規定量の水を混ぜ、よく攪拌します。1日置いてから使うと、釉薬と水が馴染み、気泡も減り、より使いやすくなります。成分がすぐ沈殿しますので、釉掛けの都度、攪拌します。
  • (2)作品の下半分を釉薬に浸す
    今回は、作品の下半分(3分の2程度)を1種類目の釉薬に浸します。3~5秒ほど浸して0.5~1.0mm程度の厚みにします。底面の高台内は釉薬が掛かりにくいので、水面際で上下に素早く振るか、筆塗りします。
  • (3)下半分の釉掛け完了
    下半分に釉薬が掛かったところです。釉抜き剤を予め塗布していますので、高台の釉薬は弾きますが、高台や底面に余分に付着した釉薬をスポンジで拭き取ります。(本焼き時の棚板への溶着を防止します。)
4. 2種類目の釉薬を掛ける
  • (1)釉薬をよく攪拌する
    3-(1)と同様、粉末に規定量の水を混ぜ、よく攪拌します。1日置いてから使うと、釉薬と水が馴染み、気泡も減り、より使いやすくなります。成分がすぐ沈殿しますので、釉掛けの都度、攪拌します。
  • (2)作品の上半分を釉薬に浸す
    作品の上半分(3分の1程度)を2種類目の釉薬に浸します。3~5秒ほど浸して0.5~1.0mm程度の厚みにします。
  • (3)上半分の釉掛け完了
    上半分に釉薬が掛かったところです。本焼き時に釉薬が溶融する際、下の釉薬と一部重なり、おもしろい釉調に仕上がります。
おすすめ商品

ご紹介の技法には、この商品をお使いください。

この電気窯で焼ける!

ご紹介の作品焼成が楽しめます♪ 今月は、特価お見積実施中!今スグご依頼ください。

  • 広い炉内! 当店人気No.1!マイコン小型電気窯 DMT-01型
  • マイコン付! 高性能&安全設計!小型電気窯 Petit DUA-01型
  • 届いてすぐに始められる!らくらく陶芸フルセット初心者用

お見積のご依頼は、商品詳細ページの「見積・問合せ」ボタンからお手続きいただけます。
詳しくは、こちらをご確認ください。

ワンポイント アドバイス
複数の釉薬の掛け方

ひとつの作品に複数の釉薬を掛けることがあります。
主な掛け方として、「掛け分け」と「重ね掛け」の2種類があります。

掛け分けとは?

ひとつの作品を2か所に分けて、片方に1種類目の釉薬を、もう片方に別の釉薬を掛けます。
ツートーンカラーの作品にする場合に行います。
2種類の釉薬を重ならないようにする場合と、部分的に重ねる場合があります。
重なった部分は、1種類の釉薬では出せない、おもしろい釉調になることもあります。
掛け分けの例として、伝統的な「朝鮮唐津」があります。
鉄釉の黒地に、藁灰釉の白が美しく流れた作品です。

重ね掛けとは?

ひとつの作品に、1種類目の釉薬を総掛けし、その上からもう1種類の釉薬を上掛けします。
上掛けした釉薬は、単体では出せない、思いもよらない複雑な釉調になることがあります。
釉薬が厚掛けとなりますので、釉流れに注意しながら、釉掛けをしてください。
ひしゃくを使った重ね掛けの例として、益子焼があります。
人間国宝の濱田庄司氏の、ダイナミックな鉄釉のひしゃく掛け模様が秀逸です。

関連レシピ・手作りハウツー

Category │ カテゴリー

  • 陶芸
  • 版画
  • クラフト
  • 明かり
  • ウッド
  • レザー
  • 粘土・彫刻
  • 七宝
  • ガラス
  • 彫金・金工