HOW TO

TOP>手作りハウツー>クラフト>クラフト 技法ガイド>貝殻をちりばめて「らでん工芸」

TOP>手作りハウツー>クラフト>クラフト 技法ガイド>貝殻をちりばめて「らでん工芸」

貝殻をちりばめて「らでん工芸」

らでん(螺鈿)は、おうむ貝やあわび貝などの真珠色の光を放つ部分を切って、漆器などの表面にはめ込んで装飾する伝統技法で、奈良時代に唐から伝来したものです。

作り方

  1. 青貝板を切る
    青貝板にカッターですじ目を入れ、形どおりに手で割ります。
  2. カットした貝を貼り付ける
    素材にカシューや工芸うるしを塗り、塗料が乾かないうちに貝を貼りつけます。塗料が乾いてから、木工用接着剤で貼ることもできます。
  3. 仕上げる
    塗料を青貝の厚さになるまで何回も塗り、十分乾燥してから耐水ペーパーで研ぎだし、コンパウンドでみがいて仕上げます。※塗料を塗って研ぎ出すかわりに、透明塗料を上に塗って仕上げる方法もあります。

Recommend | 関連商品

Category │ カテゴリー

  • 陶芸
  • 版画
  • クラフト
  • 明かり
  • ウッド
  • レザー
  • 粘土・彫刻
  • 七宝
  • ガラス
  • 彫金・金工