HOW TO

TOP>手作りハウツー>陶芸>陶芸 技法ガイド>鋳込み用泥しょうの作り方

TOP>手作りハウツー>陶芸>陶芸 技法ガイド>鋳込み用泥しょうの作り方

鋳込み用泥しょうの作り方

鋳込み用泥しょうとは、粘土・水・珪酸ソーダの三者をよく混合攪拌した液状の粘土のことです。

  1. 水の量は粘土の水分によって変える必要があります。

    ─────(例)─────
    普通の練り粘土の場合…5~10%
    半磁器粘土(プレス品)の場合…25~35%

  2. 粘土は一度に多く入れずに、細かくしたものを少量ずつ水に混ぜ込んでゆきます。
  3. 珪酸ソーダの量は粘土100に対し0.3~0.5%で、必要量をぬるま湯で溶いて少量ずつ加えます。
  4. 練り粘土は完全に溶けるまで時間がかかります。
  5. 硬くなってしまった粘土は、いったん白く乾燥させてから粉砕し、水に戻せば容易に液状にすることができます。
  6. ひしゃく等ですくってみて、糸をひくように流れれば、ほぼ出来上がりです。

Recommend | 関連商品

Category │ カテゴリー

  • 陶芸
  • 版画
  • クラフト
  • 明かり
  • ウッド
  • レザー
  • 粘土・彫刻
  • 七宝
  • ガラス
  • 彫金・金工