HOW TO

TOP>手作りハウツー>陶芸>陶芸 技法ガイド>ぐい呑みの作り方(電動ろくろ)1.土ころし・土取り

TOP>手作りハウツー>陶芸>陶芸 技法ガイド>ぐい呑みの作り方(電動ろくろ)1.土ころし・土取り

ぐい呑みの作り方(電動ろくろ)1.土ころし・土取り

土ころしとは、電動ろくろ成形の全ての作品づくりに共通の基礎作業となります。
電動ろくろの回転を利用し、粘土を上げ下げして、粘土の質を均一にします。
土ころしができたら、土取り(作る作品の分量に印をつける)して、成形作業に入ります。

手順
1. 土ころし(芯出し) ・・・粘土を上げ下げして、粘土の質を均一にします。
2. 土取り ・・・ろくろ挽きをする作品の分量に印を付けます。
用意するもの(主な陶芸用品)
材料・道具
電動ろくろ ・・・ろくろ成形に使用
粘土 ・・・陶芸用粘土
作り方・手順
1. 土ころし(芯出し)
  • 1. ろくろの中心に粘土を据え置く
    菊練りをして、砲弾型にまとめた粘土を軽く叩きつけるようにして密着させます。密着させることで、作業中に土が滑らないようになります。
  • 2. よく叩き、粘土を締める
    ろくろを回しながら、両手のひらでしっかりと土を叩きます。(上から下まで)土をしっかり締めることで、作品のゆがみやヒビ割れを防ぎます。
  • 3. 手を湿らせ、山を整える
    両手を水でよく湿らせ、ろくろを回転させて、山の形をなめらかに整えます。両手のひじは、両ももの上に置き、手先と三角形を作るようにすると安定します。
  • 4. 両手で挟み、上へ伸ばす
    両手を湿らせ、両手のひらで山の裾をぐっと挟み込みます。粘土が上に逃げる感覚が大切です。両ひじを両ももにしっかりつけると力が入りやすくなります。
  • 5. さらに山を細長くする
    上に伸びた粘土をさらに上に伸ばします。低い山が細長い山になるようなイメージです。また、常に粘土の中心が出ていること(=芯出し)を意識しましょう。
  • 6. 手のひらで前へ押し下げる
    山の上部を手のひらで押し倒し、もう一度、低い山を作ります。ろくろの回転で粘土が巻き取られる感覚が大切です。この土の上げ下げを数回繰り返します。
2. 土取り
  • 1. 山を細長く延ばす
    土ころし(芯出し)の後、粘土を細長く伸ばしていきます。
  • 2. 作品に合った径を決める
    作る作品の径に合わせて、山の径を決め、しっかり中心が出るように整えます。中心に突起をつけておくと目安になります。
  • 3. 山ができたところ
    中心が取れ、山ができました。山の上半分くらいが円筒形になるように仕上げます。
  • 4. 上部を平らにならす
    山のてっぺんを、手のひらや親指を使って、平らにならします。
  • 5. 側面にへこみをつける
    作品に合わせた土の分量を決め、両手中指でへこみ(印)をつけます。この印の上で成形作業をし、最終のカット位置の目安にします。
  • 6. 土取りができたところ
    てっぺんが平らな円筒形に仕上げます。同じ作品を複数作る時には、土取りの分量が毎回同じくらいの量になるようにします。(画像は、ぐい呑みの例)
おすすめ商品

ご紹介の技法には、この商品をお使いください。

この電気窯で焼ける!

ご紹介の作品焼成が楽しめます♪ 今月は、特価お見積実施中!今スグご依頼ください。

  • 広い炉内! 当店人気No.1!マイコン小型電気窯 DMT-01型
  • マイコン付! 高性能&安全設計!小型電気窯 Petit DUA-01型
  • 届いてすぐに始められる!らくらく陶芸フルセット初心者用

お見積のご依頼は、商品詳細ページの「見積・問合せ」ボタンからお手続きいただけます。
詳しくは、こちらをご確認ください。

ワンポイント アドバイス
中心取りについて

中心取りは、電動ろくろ作品の制作に不可欠な作業です。
土ころしの時から、常に中心が出ているように作業をしましょう。

土取りについて

土取りは、作品のサイズに合わせて調整しましょう。
同じ作品を続けて作る時は、土取りのサイズが同じであれば、作品も同じくらいのサイズを作ることができます。

関連レシピ・手作りハウツー

Category │ カテゴリー

  • 陶芸
  • 版画
  • クラフト
  • 明かり
  • ウッド
  • レザー
  • 粘土・彫刻
  • 七宝
  • ガラス
  • 彫金・金工