HOW TO

TOP>手作りハウツー>陶芸>陶芸 技法ガイド>桜花ぐい呑みの作り方:削り・細工(輪花装飾)

TOP>手作りハウツー>陶芸>陶芸 技法ガイド>桜花ぐい呑みの作り方:削り・細工(輪花装飾)

桜花ぐい呑みの作り方:削り・細工(輪花装飾)

電動ろくろを使用した、桜花ぐい呑み作品の作り方をご紹介します。
桜の花の形は、陶芸用語で「輪花(りんか)」と呼ばれる装飾のスタイルです。
桜花形を作りながら、輪花技法をお楽しみください。
削りでは、ポンスや粘土カッターで切り込みを入れる方法をご紹介します。

用意するもの(主な陶芸用品)

・・・必ず使うもの
・・・あれば便利なもの
(※制作工程順に記載)

材料・道具
特練り(とくねり)・白土 10kg ・・・陶芸用粘土
ポンス 2mmφ ・・・穴をあける
粘土カッター ・・・粘土をカットする
スポンジ ・・・作品をなめらかにする
機材
手ろくろ ・・・作業時に使う
作り方・手順
1. 削り

削り作業は、以下ページの制作工程と同様です。
手作りハウツー(陶芸 技法ガイド):ぐい呑みの作り方(電動ろくろ)3.削り①せんべい
手作りハウツー(陶芸 技法ガイド):ぐい呑みの作り方(電動ろくろ)4.削り②シッタ

2. 細工
  • 1. 5等分の印をつける
    ろくろ成形時に入れたへこみの位置を参考に、5等分の印をマーキングします。
  • 2. 削り位置に印をつける
    5等分の印を付けた各部分に、ポンスでの削り位置をマーキングします。
  • 3. ポンスで切り込みを入れる
    高台削りの直後に、ポンスで桜の花びらの切り込みを入れます。穴をあける感覚で削ります。2mmのポンスを使用。
  • 4. 5か所に切り込みを入れたところ
    縁が欠けたり割れないよう、半乾きの具合を調整して、ポンスの力の入れ具合も加減しましょう。
  • 5. 粘土カッターで切り込みを整える
    さらに、桜の花びらの切り込みを丁寧に削って整えます。ヒビ防止のため、V字にせず、丸みを持たせます。
  • 6. 切り込みを整えたところ
    粘土カッターで、5か所の切り込みを整えたところです。上から見た時に、桜の花らしくなるよう仕上げましょう。
  • 7. スポンジでなめらかにする
    少し濡らしたスポンジで、切り込みをこするようにしてなめらかにします。切り込みに丸みを持たせるイメージです。
  • 8. 縁の全体をなめらかにする
    切り込みと縁を全体的になめらかにして、縁を仕上げます。
  • 9. 成形の完了
    縁を仕上げて、成形が完了しました。あとは、素焼き・デコライナーの絵付け・釉掛け・本焼きへと進みます。
おすすめ商品

ご紹介の技法には、この商品をお使いください。

  • 特練り(とくねり)・白土 10kg 特練り(とくねり)・白土 10kg
    当店で一番売れている、人気の粘土!手びねりも、電動ろくろも、とても作りやすく、柔らかな白に仕上がります。
  • ポンス 2mmφ(掃除棒付き) ポンス 2mmφ(掃除棒付き)
    粘土に穴をあけるための道具です。急須の茶漉しづくりにも使われるほど、シャープな穴があけられます。
  • 粘土カッター 粘土カッター
    先端が細い形状で、切れ味の良いカッターです。細かい細工加工にも適しています。
  • 手ろくろ 手ろくろ
    1台は必ず持ちたい手回しろくろ。成型時や加工時に重宝します。まずは小型のものから揃えましょう。
この電気窯で焼ける!

ご紹介の作品焼成が楽しめます♪ 今月は、特価お見積実施中!今スグご依頼ください。

  • 広い炉内! 当店人気No.1!マイコン小型電気窯 DMT-01型
  • マイコン付! 高性能&安全設計!小型電気窯 Petit DUA-01型
  • 届いてすぐに始められる!らくらく陶芸フルセット初心者用

お見積のご依頼は、商品詳細ページの「見積・問合せ」ボタンからお手続きいただけます。
詳しくは、こちらをご確認ください。

ワンポイント アドバイス
ポンスについて

ポンスは、粘土作品に穴をあけるための陶芸道具です。
粘土で成形後、半乾きの時に、ポンスの先端を押し付け、回しながら穴をあけます。
穴をあけると、ポンスの中に粘土が詰まりますので、針金や細い棒などで押し出してから、次の穴あけ作業をします。

輪花(りんか)装飾について

陶芸作品の口縁を、花形に整えた作品を「輪花(りんか)」と呼びます。
今回の作り方レシピのように、指で花形をつける方法や、粘土カッターなどで切り込みを入れる方法があります。
切り込みを入れる時には、V字を鋭利せずに、なめらかな丸みを持たせることがポイントです。
V字を鋭利にすると、乾燥時・焼成時に、切り込みからヒビが入ることがありますのでご注意ください。
このような時にも、ポンスが活躍します。ポンスを使えば、丸みのある切り込みに成形できます。

輪花装飾のタイミングについて

今回のように、輪花装飾にポンスを併用する場合は、半乾きの状態が進み過ぎると、縁が欠けやすくなります。
ポンスが入りにくい状態ですと固すぎますので、適度な半乾き状態を見極めて、作業してください。


関連レシピ・手作りハウツー

Category │ カテゴリー

  • 陶芸
  • 版画
  • クラフト
  • 明かり
  • ウッド
  • レザー
  • 粘土・彫刻
  • 七宝
  • ガラス
  • 彫金・金工