HOW TO

TOP>手作りハウツー>陶芸>陶芸 技法ガイド>桜花ぐい呑みの作り方(電動ろくろ)成形

TOP>手作りハウツー>陶芸>陶芸 技法ガイド>桜花ぐい呑みの作り方(電動ろくろ)成形

桜花ぐい呑みの作り方(電動ろくろ)成形

電動ろくろを使用した、桜花ぐい呑み作品の作り方をご紹介します。
桜の花の形は、陶芸用語で「輪花(りんか)」と呼ばれる装飾のスタイルです。
桜花形を作りながら、輪花技法をお楽しみください。
成形では、指で花形に整える技法をご紹介します。

用意するもの(主な陶芸用品)

・・・必ず使うもの
・・・あれば便利なもの
(※制作工程順に記載)

材料・道具
電動ろくろ ・・・ろくろ成形に使用
粘土 ・・・陶芸用粘土
なめし革 ・・・縁や側面をなめらかにする
しっぴき ・・・作品を切り離す
切り弓 ・・・縁を整える
作り方・手順
1. ろくろ成形
  • 1. 通常のぐい呑みの形を作る
    ぐい呑み形に成形します。後で見込み(作品の内側)に、「しべ」を絵付けするので、描きやすい内面に調整します。
  • 2. なめし革で縁を整える
    ここまでは、通常のぐい呑み作品の作り方と同様です。詳しい作り方はこちらをご確認ください。
  • 3. 5等分線をマーキングする
    へらなどを使い、粘土の土台部分に、5等分の目印をつけておきます。(輪花装飾の目安位置になります。)
  • 4. 指先でへこみを5か所つける
    5等分線を目安に、指先でへこみをつけます。作品の縁を指先でこすって、内側にへこませるイメージです。
  • 5. 花びらが5弁できたところ
    この作業は、ぐい呑み形の成形直後の柔らかいうちに行います。5弁の花びらができたら、ろくろを高速回転させます。
  • 6. 花びらに丸みをもたせる
    ろくろを高速回転させると、遠心力で花びらに丸みが出ます。
  • 7. カット位置に印をつける
    カットする位置に指先でくぼみ(印)をつけます。しっぴきが入りやすくするとともに、運ぶ時に指先が入るようにします。
  • 8. しっぴきをぴんと張る
    しっぴきを両手指先でしっかりと持ち、ぴんと張ります。ろくろの回転を落とし、ゆっくりと回転させます。
  • 9. しっぴきを食い込ませる
    しっぴきを張ったまま、1cmくらい食い込ませます。同時に左手を離します。右手はしっぴきをしっかり持っておきます。(ろくろの回転が時計回りの場合)
  • 10. 巻き付けてカットする
    左手を離すと、しっぴきの一端がゆっくりと巻き付きます。作品を一周する頃に、右手をシュッと引き、作品を切り離します。輪っかを縛ってカットするイメージです。
  • 11. 指先で作品を持ち上げる
    両手をチョキの形にして、指先をカット位置に軽く差し込み、作品を浮かせます。作品が少し浮いたら、そのまま粘土板に運び、置きます。
  • 12. 板の上で生乾きにする
    生乾き後、高台削り作業に移ります。「高台削り(せんべい使用)」はこちら、「高台削り(シッタ使用)」はこちらをご確認ください。
おすすめ商品

ご紹介の技法には、この商品をお使いください。

この電気窯で焼ける!

ご紹介の作品焼成が楽しめます♪ 今月は、特価お見積実施中!今スグご依頼ください。

  • 広い炉内! 当店人気No.1!マイコン小型電気窯 DMT-01型
  • マイコン付! 高性能&安全設計!小型電気窯 Petit DUA-01型
  • 届いてすぐに始められる!らくらく陶芸フルセット初心者用

お見積のご依頼は、商品詳細ページの「見積・問合せ」ボタンからお手続きいただけます。
詳しくは、こちらをご確認ください。

ワンポイント アドバイス
輪花(りんか)装飾について

陶芸作品の口縁を、花形に整えた作品を「輪花(りんか)」と呼びます。
今回の陶芸手作りハウツーのような、指で花形をつける方法の他、粘土カッターなどで切り込みを入れる方法もあります。

輪花装飾のタイミングについて

指で花形をつける場合は、ろくろ成形直後、作品を切り離す前に行います。
粘土が乾かないうちに、指先で縁をこするようにして、へこみをつけます。
電動ろくろの場合は、急回転させることで、遠心力により、輪花のカーブを調節することができます。

輪花装飾の高台削りについて

せっかく作った輪花を崩さないよう、シッタを使った削り方法がおすすめです。
(詳しくは、ぐい呑みの作り方(電動ろくろ)4.削り②シッタをご確認ください。)
粘土が乾かないうちに、指先で縁をこするようにして、へこみをつけます。
せんべいを使った輪花作品の削りの場合は、輪花を崩さないよう、
柔らかめの粘土でせんべいを作って、縁を保護しながら削りましょう。
また、縁に触れてもゆがまない程度の生乾き状態で削りましょう。
(詳しくは、ぐい呑みの作り方(電動ろくろ)3.削り①せんべいをご確認ください。)

関連レシピ・手作りハウツー

Category │ カテゴリー

  • 陶芸
  • 版画
  • クラフト
  • 明かり
  • ウッド
  • レザー
  • 粘土・彫刻
  • 七宝
  • ガラス
  • 彫金・金工