HOW TO

TOP>手作りハウツー>陶芸>陶芸 技法ガイド>桜色の小皿 3.たたら作り:型で作る

TOP>手作りハウツー>陶芸>陶芸 技法ガイド>桜色の小皿 3.たたら作り:型で作る

桜色の小皿 3.たたら作り:型で作る

たたら作りの型は石こう型が一般的ですが、石こう型を使わない、簡易的な土型をご紹介します。
柔らかい土型は、長期保管はできませんが、途中で容易に形を調整でき、使用後は普通の粘土として戻せます。
今回は、土型を花びらの曲面に仕上げて、食品用のラップを併用してお皿の成形をします。

用意するもの(主な陶芸用品)

・・・必ず使うもの
・・・あれば便利なもの
(※制作工程順に記載)

材料・道具
粘土 ・・・陶芸用粘土
ポンス10mmφ ・・・桜の切り込みに穴をあける
粘土カッター ・・・粘土をカットする
かや目布/ガーゼ ・・・スライスした粘土をのせる
平鋼かんな ・・・器の角を面取りする
スポンジ ・・・作品の面や角をなめらかにする
機材
電気陶芸窯 ・・・素焼き・本焼き焼成に使う
作り方・手順
1. たたら作り(板状粘土を成形する)
  • (1)たたらに型紙を合わせる
    たたら作りでスライスした板状粘土に型紙を合わせます。(ガーゼを下に敷いたまま作業します)
  • (2)ポンスで穴をあける
    桜の花びらの切り込み中央に、ポンス(10mmΦ)で穴をあけます。※V字にカットすると、ひび割れの原因になるため、ポンスで丸く穴をあけます。
  • (3)粘土カッターでカットする
    型紙の、桜の花びらの切り込みに沿って、粘土カッターでカットします。
  • (4)花びらの右側をカットする
    型紙に沿って、花びらの右側を、粘土カッターでカットします。
  • (5)花びらの左側をカットする
    型紙に沿って、花びらの左側を、粘土カッターでカットします。
  • (6)花びらをカットしたところ
    型紙を外すと、花びらの形に仕上がっています。
2. 土型にのせる
  • (1)花びらの板皿を土型にのせる
    ガーゼをつけたまま、土型に花びらの粘土をのせます。
  • (2)土型に花びらの板皿を押す
    花びらの板皿を、土型のくぼみに合わせて、軽く押し、曲面をつけます。
  • (3)土型を好みの形に整える
    花びらの板皿の曲面が、好みの形になるように、土型を整えます。
  • (4)土型の最終調整をする
    丸ごてを使って、土型の内面を最終調整して仕上げます。
  • (5)再度、花びらの板皿をのせる
    仕上げた土型の上に、花びらの板皿をのせて、指先で少しずつ、型のくぼみに合わせて曲面をつけます。
  • (6)丸ごてで押さえる
    丸ごてで全面を均等に押さえて、曲面を整えます。加圧することで板皿が締まります。
  • (7)ドライヤーを軽くあてる
    作品の中央にドライヤーを軽くあて、持ち上げて少しゆがむ程度の固さにします。(乾かしすぎないように)
  • (8)ガーゼごと、土型から外す
    ガーゼの両端を持ち、土型から作品を浮かせて持ち上げます。
  • (9)軽く落とし、底を作る
    ガーゼを持ったまま、机の上にトントンと落とし、座りの良いように底を整え、見込み(内側)を指で整えて仕上げます。
3. 縁の仕上げ・乾燥
  • (1)ガーゼを剥がす
    裏面に張り付いているガーゼを剥がします。
  • (2)花びらの切り込みを整える
    ポンスで丸く切り抜いた切り込み部分を、丸い割り箸などを回しながら押しあて、土を締めます。(ひび割れ防止のため)
  • (3)平鋼かんなで角を落とす
    粘土カッターでカットした縁は、角が立っているので、平鋼かんなで角を少し削って面取りします(表・裏)。
  • (4)スポンジで仕上げる
    水を含ませて絞ったスポンジで、縁や見込み(お皿の内側)をならし、なめらかに仕上げます。
  • (5)粘土で「まくら」を作る
    ヘタリ防止用の「まくら」を2つ用意します。粘土をひも状に延ばし、お皿の上下の形に合うように曲げておきます。
  • (6)「乾燥させる
    粘土ひもの「まくら」を敷いたまま乾燥させます。1週間程度乾燥させたら、素焼きに移ります。(必要枚数分作ります)
おすすめ商品

ご紹介の技法には、この商品をお使いください。

  • 特練り(とくねり)・白土 10kg 特練り(とくねり)・白土 10kg
    当店で一番売れている、人気の粘土!とても扱いやすいので、作品制作はもちろん、土型づくりにもおすすめです。
  • たたら板(8mm厚/5mm厚) たたら板(8mm厚/5mm厚)
    たたら作りの技法に不可欠な一定厚の木の板です。粘土の両脇に重ね合わせ、切り針金で粘土をスライスします。
  • かや目布 かや目布
    たたら(板状粘土)の下に敷いて運んだりする時に便利です。独特の布目跡が粘土につき、味わいが出ます。
  • 粘土のべ棒 粘土のべ棒
    粘土を平らにならしたり、たたら作りの際に使用する、陶芸の基本道具です。
この電気窯で焼ける!

ご紹介の作品焼成が楽しめます♪ 今月は、特価お見積実施中!今スグご依頼ください。

  • 広い炉内! 当店人気No.1!マイコン小型電気窯 DMT-01型
  • マイコン付! 高性能&安全設計!小型電気窯 Petit DUA-01型
  • 届いてすぐに始められる!らくらく陶芸フルセット初心者用

お見積のご依頼は、商品詳細ページの「見積・問合せ」ボタンからお手続きいただけます。
詳しくは、こちらをご確認ください。

ワンポイント アドバイス
たたら作りの板皿について

たたら作りでスライスした板皿は、型を使わずに、器の端を持ち上げ、「まくら」を置くだけでもカーブをつけることができますが、
焼成時にヘタる場合があります。ヘタリを防止するためには、カーブをさせた箇所の土を良く締めることが大切です。
締めが甘いとヘタリの原因になります。カーブをつけて土を締めた後は、「まくら」を敷いて乾燥させます。

たたら作り作品の乾燥について

たたら(板状粘土)は、外側が乾きやすく、内側が乾きにくくなるため、乾燥にバラつきが出て、ゆがみやひび割れが出やすくなります。
たたらの作品は、陶芸作品保管ボックスなどを使用し、蓋や新聞紙をかぶせるなどして、ゆっくり乾燥させましょう。
特に、大きい作品ほど、ゆっくり乾燥させる必要があります。

関連レシピ・手作りハウツー

Category │ カテゴリー

  • 陶芸
  • 版画
  • クラフト
  • 明かり
  • ウッド
  • レザー
  • 粘土・彫刻
  • 七宝
  • ガラス
  • 彫金・金工