HOW TO

TOP>手作りハウツー>陶芸>陶芸 技法ガイド>桜色の小皿 2.たたら作り:板状粘土を作る

TOP>手作りハウツー>陶芸>陶芸 技法ガイド>桜色の小皿 2.たたら作り:板状粘土を作る

桜色の小皿 2.たたら作り:板状粘土を作る

たたら作りの型は石こう型が一般的ですが、石こう型を使わない、簡易的な土型をご紹介します。
柔らかい土型は、長期保管はできませんが、途中で容易に形を調整でき、使用後は普通の粘土として戻せます。
今回は、土型を花びらの曲面に仕上げて、食品用のラップを併用してお皿の成形をします。

用意するもの(主な陶芸用品)

・・・必ず使うもの
・・・あれば便利なもの
(※制作工程順に記載)

材料・道具
粘土 ・・・陶芸用粘土
たたら板(8mm厚5mm厚) ・・・ たたら(板状粘土)を作る
切り針金 ・・・ たたら(板状粘土)をカットする
かや目布/ガーゼ ・・・スライスした粘土をのせる
粘土のべ棒 ・・・土型をならす
機材
電気陶芸窯 ・・・素焼き・本焼き焼成に使う
作り方・手順
  • (1)たたら作り用の粘土を準備する
    板皿の必要枚数をイメージして粘土の分量を決めます。菊練りした粘土を両手でしっかり叩きながら、よく締めます。
  • (2)型紙に合わせる
    粘土の塊を、型紙より一回り大きい寸法になるように仕上げます。
  • (3)たたら板(8mm)を置く
    粘土の両脇に、たたら板(8mm)を重ねて置きます。板の枚数分、たたらが取れます。(※一番上は不均一になるため使いません)
  • (4)切り針金を用意する
    切り針金(取っ手のついたワイヤー)を用意します。この針金で、たたら(板状粘土)をスライスしていきます。
  • (5)切り針金でスライスする
    一番上のたたら板に切り針金を合わせ、両手親指の爪先でしっかりと押さえながら、手前に引いていきます。(一番下の板からカットする場合もあります)
  • (6)粘土をスライスしカットする
    粘土がカットできるまで、手前に引きます。たたら板は、ズレないように体(腹)で支えながら作業します。
  • (7)スライスした粘土を剥がす
    カットすると、板状になった粘土を剥がすことができます。粘土板などの上に移動し、置いておきます。(※一番上は不均一になるため使いません)
  • (8)ガーゼを敷いた板に置く
    スライスした板状粘土(たたら)は、ガーゼの上に敷いておきます。
  • (9)たたら板(5mm)で延ばす
    8mmのたたらの両脇に5mmのたたら板を置き、のべ棒でローラーをかけ、粘土を締めます。※この作業を必要枚数分だけ行います。
おすすめ商品

ご紹介の技法には、この商品をお使いください。

  • 特練り(とくねり)・白土 10kg 特練り(とくねり)・白土 10kg
    当店で一番売れている、人気の粘土!とても扱いやすいので、作品制作はもちろん、土型づくりにもおすすめです。
  • たたら板(8mm厚/5mm厚) たたら板(8mm厚/5mm厚)
    たたら作りの技法に不可欠な一定厚の木の板です。粘土の両脇に重ね合わせ、切り針金で粘土をスライスします。
  • かや目布 かや目布
    たたら(板状粘土)の下に敷いて運んだりする時に便利です。独特の布目跡が粘土につき、味わいが出ます。
  • 粘土のべ棒 粘土のべ棒
    粘土を平らにならしたり、たたら作りの際に使用する、陶芸の基本道具です。
この電気窯で焼ける!

ご紹介の作品焼成が楽しめます♪ 今月は、特価お見積実施中!今スグご依頼ください。

  • 広い炉内! 当店人気No.1!マイコン小型電気窯 DMT-01型
  • マイコン付! 高性能&安全設計!小型電気窯 Petit DUA-01型
  • 届いてすぐに始められる!らくらく陶芸フルセット初心者用

お見積のご依頼は、商品詳細ページの「見積・問合せ」ボタンからお手続きいただけます。
詳しくは、こちらをご確認ください。

ワンポイント アドバイス
スライス時に空気が入ってしまった場合

たたら作りのよくある失敗例として、スライスした時に、たたらに空気の穴があいてしまうことがあります。
粘土の練りが甘かったことが原因です。

2mm程度の小さい空気穴が1、2個であれば、通常は指先でなでて穴を埋めてしまえばOKです。
但し、見えない箇所に気泡が閉じ込められている可能性がありますので、
面倒でも、もう一度よく菊練りをすることをおすすめします。

空気穴が大きい場合や、たくさんある場合は、必ずもう一度菊練りをしてください。 空気穴が土の中に残っている状態で焼成すると、ひび割れや破裂の原因になるのでご注意ください。

関連レシピ・手作りハウツー

Category │ カテゴリー

  • 陶芸
  • 版画
  • クラフト
  • 明かり
  • ウッド
  • レザー
  • 粘土・彫刻
  • 七宝
  • ガラス
  • 彫金・金工