HOW TO

TOP>手作りハウツー>粘土・彫刻>粘土・彫刻 技法ガイド>石こうの溶き方・使い方

TOP>手作りハウツー>粘土・彫刻>粘土・彫刻 技法ガイド>石こうの溶き方・使い方

石こうの溶き方・使い方


  • ①流し込みに必要な容量の水を容器に入れます。


  • ②石こうを素早く振り落としながら、水面に達するまで沈めていきます。


  • ③1分ほど放置した後、気泡を入れないように攪拌します。


  • ④液面にわずかに筋を引くようになったら、素早く型に流し込みます。

【石こう取扱いの注意】
・粉末が目にはいらないように注意し、また粉塵を吸い込まないようにしてください。
・湿気があると使用できなくなるので、保存は密閉の上、お早めにご使用ください。

【石こうの種類と特性比較】

石こう名 混水量
(重量比)(%)
流込時間(分) 脱型時間(分) 膨張(%) 強度(MPa) 主な用途
ヌレ
引張
ヌレ
圧縮
教材用 73〜78 6'30〜8'00 約35〜40 0.17 0.9 6.8 美術教材用
A級(HS-750) 71〜75 7'30〜9'00 0.17 1.3 7.8 一般鋳込用
サクラ印A級 72〜76 8'00〜9'00 0.15 1.3 15 彫塑美術工芸
陶磁器型材用
特級(HS-650) 61〜65 8'00〜9'30 0.17 1.6 9.8 一般ロクロ用
圧力鋳込用
模型用 (B-13) 38〜43 20'〜23' 約90 0.02 ヌレ
曲げ
4.5
15 反転モデル用
模倣モデル用
鋳型用 (G-2) 46〜50 6'00〜7'00 約60 0.06 0.8 4.1 合金鋳型用
速硬性 46 約1'00 約20
(硬化時間
9〜11分)
0.22 - 15 一般用
美術教材用

※ヌレ・・・2〜3時間後の脱型時点の乾燥していない状態の事
※脱型時間・・・作業環境によって左右されるため、あくまでも目安となる時間

 

Recommend | 関連商品

Category │ カテゴリー

  • 陶芸
  • 版画
  • クラフト
  • 明かり
  • ウッド
  • レザー
  • 粘土・彫刻
  • 七宝
  • ガラス
  • 彫金・金工