HOW TO

TOP>手作りハウツー>陶芸>陶芸 技法ガイド>釉薬の溶き方

TOP>手作りハウツー>陶芸>陶芸 技法ガイド>釉薬の溶き方

釉薬の溶き方

釉薬を溶く場合に混入する水の量は、それぞれの釉薬の袋に表示していますが、多少の調整が必要です。


  • (1)少な目に水を注ぐ


  • (2)よく攪拌して放置


  • (3)破片を3秒浸す


  • (4)割って厚みを調べる


  • (5)厚い場合は水を注ぎ(3)を繰り返す

  1. 必要量の釉薬粉末を適当な容器に入れ、後で調整することを考慮し、標準より少な目の水を注ぎます。
  2. よく攪拌して、1~2時間放置します。混入してある糊剤が十分溶解し、使用性が一段とよくなります。
  3. 再度よく攪拌し、濃度の微調整をしてください。
  4. 陶片に試し掛けをして調整します。素地の破片と溶いた釉薬に約3秒間浸し、0.8mm位吸着すれば標準です。筆・刷毛塗りの場合は均一な厚さになるようにします。

※釉掛けの際は、作品1個ごとによく攪拌してください。

※溶いた釉薬を長時間おく場合は、水を切って十分乾燥させます。短期間の場合は乾燥させないようフタ付きの容器に入れておきます。

Recommend | 関連商品

Category │ カテゴリー

  • 陶芸
  • 版画
  • クラフト
  • 明かり
  • ウッド
  • レザー
  • 粘土・彫刻
  • 七宝
  • ガラス
  • 彫金・金工