HOW TO

TOP>手作りハウツー>版画>版画 技法ガイド>平版画の刷り方

TOP>手作りハウツー>版画>版画 技法ガイド>平版画の刷り方

平版画の刷り方

使う材料

  • 平版インク
  • 平版用ゴムローラー
  • 号外ワニス
  • インク溶解ワニス
  • スポンジ
  • 平版プレス機
  • ラズン
  • タルク
  • 製版墨
  • リト洗い油
  • 練り板
  • カキロン
  • ケシロン
  • SK液
  • エッチ液
  • アラビアゴム液

使い方


  • (1)インクを練る
    平版インクを練り板の上でよく練り、インクをローラーの表面に均一につけます。インクの硬さは号外ワニスやインク溶解ワニスで調節します。


  • (2)SK液膜、製版墨を洗い落とす
    SK液膜を水で洗い落とし、水を引いたままリト洗い油で描画部に盛った製版墨を落とします。何回も水を引き直して版面をきれいにします。


  • (3)水を引いて平版インクを盛る
    きれいなスポンジに水を含ませ、版面に引きます。(1)のゴムローラーを素早くころがして版にインクを盛ります。インクの盛りは少量ずつ行い、全体にまんべんなく盛っていきます。


  • (4)平版プレス機で刷る
    プレス機に版を上向きに置き、刷り紙・あて紙の順に重ねてチンパンをかぶせます。スクィジーに刷り始めの位置を合わせ、圧力を調節します。チンパンにグリスを塗って、すべりをよくしておきます。


  • (5)作品を乾燥させる
    刷り上がった作品はクリップでつるか、乾燥棚で乾燥させます。


  • (6)版の保存
    刷り終わったら、インクをリト洗い油で洗い落とし、製版墨を盛ります。次にラズン・タルクを版面にまき広げてアラビアゴム液を塗り、乾燥させます。


  • (7)版画用具の保存
    製版墨のついた革ローラーはほこりがつかないようにしてそのままの状態で保管します。ゴムローラー・練り板は、リト洗い油で洗い、ウエスできれいにふいて保管します。

色刷りの見当(トンボ)について


  • (1)針見当
    版より刷り紙が大きい時や、刷り紙が一定の大きさでない時に用います。各版と刷り紙の同じ位置にトンボを2つ描き込み、トンボの中心点に小さな穴をあけます。針の位置を調節できるT字形の棒を用意し、刷り上げた作品のトンボの中心に針を刺し、図の要領で次の版に合わせます。


  • (2)カギ見当・引きつけ見当
    刷り紙のかどが直角に断裁されていて、版よりも小さい場合に用います。各版に図のような“L印”“-印”を刻印しておいて、刷り紙のかどと一辺を合わせて刷ります。カギ見当、引きつけ見当の位置は、利き腕や作業性から左右逆になる場合もあります。

Recommend | 関連商品

Category │ カテゴリー

  • 陶芸
  • 版画
  • クラフト
  • 明かり
  • ウッド
  • レザー
  • 粘土・彫刻
  • 七宝
  • ガラス
  • 彫金・金工