HOW TO

TOP>手作りハウツー>クラフト>クラフト 技法ガイド>石を彫る・てん刻印の作り方

TOP>手作りハウツー>クラフト>クラフト 技法ガイド>石を彫る・てん刻印の作り方

石を彫る・てん刻印の作り方

てん刻は印材に書画の落款などに押す印を彫ることで、篆書体を刻したところから出た言葉です。現在では書体に関係なく古文・篆・隷・階・行・草・仮名・ローマ字等でも刻されています。

印の種類


  • 【 陰刻 】
    文字の部分を刻み取って他の部分を残します。印肉をつけて押すと文字が白く残るので白文(はくぶん)ともいいます。


  • 【 陽刻 】
    文字の部分と輪郭を残し、他の部分を刻み取ります。印肉をつけて押すと文字と輪郭が朱く残るので朱文(しゅぶん)ともいいます。陰刻と陽刻の混合の方法もあります。

用意するもの

  • 印材石
  • てん刻刀
  • 印台
  • サンドペーパー
  • トレーシングペーパー
  • カーボン紙
  • インク
  • 版画ゴムローラー

作り方


  • (1)印面を磨く
    印面に近い方を持って平らになるよう気を付けながら、サンドペーパーで磨きます。


  • (2)下絵を描く
    トレーシングペーパーに下描きし、反転してカーボン紙の上からなぞります。


  • (3)てん刻刀で彫る
    下描きにそって彫り進めます。細かい所は印刀が便利です。


  • (4)インクをつける
    印泥以外にも版画ゴムローラーと版画インクを使うと、様々なものに捺印できます。
    ※布に押す時は、布用インクか油性版画インクを用います。油性は乾きにくいので注意してください。

Recommend | 関連商品

Category │ カテゴリー

  • 陶芸
  • 版画
  • クラフト
  • 明かり
  • ウッド
  • レザー
  • 粘土・彫刻
  • 七宝
  • ガラス
  • 彫金・金工