HOW TO

TOP>手作りハウツー>クラフト>クラフト 技法ガイド>手漉きはがきの作り方

TOP>手作りハウツー>クラフト>クラフト 技法ガイド>手漉きはがきの作り方

手漉きはがきの作り方

手すきの紙づくりは、水槽の中で薄めた原料から1枚ずつ手ですくって乾燥させます。水槽内で原料繊維がからみあって、風合いのある紙ができあがります。

紙すきに使用する用具・材料

  • 紙すきセット…グループ用と個人用があり、必要な用具と材料が揃っているので便利です。
  • 紙すき枠…すく紙の大きさによって選んでください。
  • 紙原料…牛乳パックを利用する方法と、紙原料を使用する方法があります。
  • ミキサー…紙原料を細かくして、きれいな紙をつくるために使用します。
  • 粘剤(のり剤)…パルプ溶液に混ぜて粘りを出し、繊維が均等に拡散し、沈殿を防ぎます。
  • すき舟…紙原料を入れてすくための容器で、すき枠の大きさによって選んでください。

作り方

1.乾燥バージンパルプで紙原料をつくる

図① 乾燥パルプを10分位水につけておきます。
図② ふやけてきたパルプを細かくちぎってミキサーにかけます。
図③ 15~20分、断続的に攪拌し、最後に粘剤を入れてまぜあわせると紙原料ができあがります。

2.紙のすき方

図④ 紙原料をすき枠より大きめの容器に入れ、すき枠で紙原料をすくい上げ、「ス」の上に平均5mm位の厚さになるまで繰り返します。大きな容器がない場合は、コップ等に紙原料を入れ、「ス」の上にまんべんなく流し入れます。

3.水を切って乾燥

図⑤ 布か新聞紙の間に、すき上げた紙を置き重ねていき、上下を板等ではさんで静かに重しをして水分を切ります。
図⑥ ガラスや板等に貼りつけて乾燥させます。
図⑦ 生乾きの時に低温でアイロンをかけると、きれいに仕上がります。

Recommend | 関連商品

Category │ カテゴリー

  • 陶芸
  • 版画
  • クラフト
  • 明かり
  • ウッド
  • レザー
  • 粘土・彫刻
  • 七宝
  • ガラス
  • 彫金・金工