HOW TO

TOP>手作りハウツー>陶芸>陶芸 Q&A>粘土の選び方について

TOP>手作りハウツー>陶芸>陶芸 Q&A>粘土の選び方について

粘土の選び方について

粘土の選定基準にはいろいろありますが、ここでは、作りたい作品に合わせて考えてみたいと思います。

  • 小物作品(小皿、小鉢、湯のみ、等)の場合

    粒子(目ともいいます)の細かいものが適します。表面の仕上げがきっちりできますし、手に持った時の感触もさらっとしたものになります。
    例)信楽陶土、同赤味陶土、美濃白土美濃赤土(細目)、他

  • 中物作品(どんぶり、盛りざら、盛り鉢、花瓶、等)

    土肌の色、感触がデザインと相まって作品全体の出来栄えを左右します。また、焼いた時の自重や収縮による歪みも考えなければいけません、やや粗目の粒子が入ったものがよいでしょう。
    例)信楽粘土信楽赤味陶土益子陶土美濃赤土(粗目)、他

  • 大物作品(壷、大皿、傘立て、陶板、等)

    土肌が出来栄えに大きく影響します。従って市販の粘土そのままでなく、自分でシャモットや粗い土をブレンドして作ります。

Recommend | 関連商品

Category │ カテゴリー

  • 陶芸
  • 版画
  • クラフト
  • 明かり
  • ウッド
  • レザー
  • 粘土・彫刻
  • 七宝
  • ガラス
  • 彫金・金工