HOW TO

TOP>手作りハウツー>陶芸>陶芸 Q&A>『釉抜き剤』(陶芸用撥水剤)とは?

TOP>手作りハウツー>陶芸>陶芸 Q&A>『釉抜き剤』(陶芸用撥水剤)とは?

『釉抜き剤』(陶芸用撥水剤)とは?

  • 『釉抜き剤』とは、塗布した箇所に撥水性(水弾き効果)が出る陶芸用の液剤です。
    釉薬(液体)を掛ける際に、釉薬を弾きます。撥水剤とも呼びます。

  • 釉薬のひっつきを防止する
    作品の底(高台)に釉薬が付着していますと、陶芸窯での本焼き焼成時に
    棚板に溶着してしまいますが、『釉抜き剤』を高台や作品裏面に塗ることで、
    釉薬を弾くため、釉掛け時には必ず使用します。

  • ロウ抜き模様を描ける
    ロウ抜き模様を描く時にも使用します。
    釉薬を弾く効果を利用して、『釉抜き剤』を含ませた筆で模様を描いてから
    釉掛けしますと、釉薬が掛からない部分が模様となり、ロウ抜き表現ができます。

Recommend | 関連商品

Category │ カテゴリー

  • 陶芸
  • 版画
  • クラフト
  • 明かり
  • ウッド
  • レザー
  • 粘土・彫刻
  • 七宝
  • ガラス
  • 彫金・金工