HOW TO

TOP>手作りハウツー>クラフト>クラフト 技法ガイド>色鉛筆で描く「石榴(ざくろ)」

TOP>手作りハウツー>クラフト>クラフト 技法ガイド>オススメ色鉛筆で描く「石榴(ざくろ)」

色鉛筆で描く「石榴(ざくろ)」

  • 下塗り
    実際にはない色で、下塗りをしましょう。
    色に厚みや変化をつける効果があります。
    ここでは、葉に青や黄、石榴にはオレンジや黄を、種にはピンクを入れました。
    ただし、あまり暗い色を濃く使わないようにしてください。
    仕上がリが暗くなってしまうことがあります。
    明るく鮮やかな色を使うと良いでしょう。

  • 形に沿わせてタッチを入れる
    タッチを形に沿わして描くと、よりいっそうの量感が表現できます。
    色鉛筆の特徴の一つとして、「タッチが残る」ということがあげられます。
    何本もタッチを重ねていくことにより、複雑な質感にしていくことができます。

  • 細部の描写 種を美しく
    色鉛筆のもう一つの特徴として、細部の描写に向いていることがあげられます。
    種などの細かいものを、しっかりと丁寧に描いていくことが出来ます。
    石榴の種の透明感を出すために、一粒一粒の種の中に、下塗りで塗ったピンクを残すようにしながら描いてみました。

  • タッチを重ね質感を表現する
    更にタッチを重ねていき、よりいっそう対象物の質感に近づけて行きましょう。
    タッチを何本も重ねることにより、密度を出しましょう。
    石榴の色は赤一色ではなくオレンジや黄緑なども使ってみました。
    葉は、下塗りの黄を活かしながら葉脈に沿わしてタッチを入れます。

  • 種の隙間に暗い色を入れる
    色鉛筆は特性上、色を塗り重ねていってもなかなか暗くなりません。
    ですので最後に積極的に暗い色を使い、絵にメリハリをつけましょう。
    ココ!と思うところを、思い切ってしっかり暗く塗ってみてください。
    種の隙間や果実に残る萼(がく)を、暗い色で描写することで、石榴の特徴を強調してみました。

Recommend | 関連商品

Category │ カテゴリー

  • 陶芸
  • 版画
  • クラフト・工芸
  • 明かり・キャンドル
  • ウッドクラフト
  • レザークラフト
  • 粘土・彫刻
  • 七宝焼
  • ガラス工芸
  • 彫金・金工