HOW TO

TOP>手作りハウツー>陶芸>陶芸 Q&A>『釉抜き剤』の、油性と水性の違いとは?

TOP>手作りハウツー>陶芸>陶芸 Q&A>『釉抜き剤』の、油性と水性の違いとは?

『釉抜き剤』の、油性と水性の違いとは?

  • 釉抜き剤『油性タイプ』は、強力な撥水性があります。洗い落としができませんので、
    効力を無くすには、一度素焼きをして焼き切る必要がございます。
    揮発性の溶剤を使用しておりますので、シンナーのような臭いがします。
    換気してご使用ください。

  • 釉抜き剤『水性タイプ』は、油性ほど臭いが強くありません。
    乾燥させますと撥水性が出ます。洗い落とすことも可能です。
    余分に付いた箇所は、針先で削るか、再度素焼きをして焼き飛ばします。
  • ※釉抜き剤(撥水剤)の種類は、お好みでお選びください。

    <使用上のご注意>
  • 釉抜き剤を塗布するための筆は、成分が付着し固化ます。
    使用後は、筆の穂先をティッシュなどでよく絞り取り、保管ください。
    また、他の用途の筆と併用せず、専用の筆をご用意ください。
  • 衣服に付着すると落ちませんので、エプロン等を着用してご使用ください。

Recommend | 関連商品

Category │ カテゴリー

  • 陶芸
  • 版画
  • クラフト
  • 明かり
  • ウッド
  • レザー
  • 粘土・彫刻
  • 七宝
  • ガラス
  • 彫金・金工