HOW TO

TOP>手作りハウツー>クラフト>クラフト 技法ガイド>籐の基本的な編み方

TOP>手作りハウツー>クラフト>クラフト 技法ガイド>籐の基本的な編み方

籐の基本的な編み方

編む前の注意点
籐芯をそのまま編むと折れてしまうため、編みはじめる前に5~10分水につけ、柔らかくして作業に入ります。

基本的な編み方


  • (1)十字組み
    数本のタテ芯を交差させ、編み芯を巻きつけて編みはじめます。タテ芯は長さの十分な芯を用います。


  • (2)腰を立てる
    底が一定の大きさまで編み上がったら、タテ芯を立てながら編み、腰に丸味をつけて立ち上げ、編み進めます。


  • (3)胴を編む
    一定の直径で編み上げ、むらにならないように編みます。籘芯が足らなくなったらつぎ足してください。


  • (4)縁を編む
    一定の高さまで胴を編みます。編み終えたら編み芯を差しこんで縁止めし、タテ芯は必要な長さに切りそろえて、編み芯に順序よく差し込みます。


  • (5)仕上げる
    編み目が不ぞろいな時は籘めうちなどできれいにそろえ、作品の表面の毛羽立ちはコンロの火などで焼き取ります。好みで着色、ニス仕上げをしてください。

Recommend | 関連商品

Category │ カテゴリー

  • 陶芸
  • 版画
  • クラフト
  • 明かり
  • ウッド
  • レザー
  • 粘土・彫刻
  • 七宝
  • ガラス
  • 彫金・金工