HOW TO

TOP>手作りハウツー>版画>版画 技法ガイド>アイセロ感光スクリーン

TOP>手作りハウツー>版画>版画 技法ガイド>アイセロ感光スクリーン

アイセロ感光スクリーン

光に含まれる紫外線によって硬化する感光性フィルムで、乳剤タイプよりも手軽に製版することができ、短時間で効率の良い作業が可能です。

  • 膜面に厚みがありインクの切れがよく、シャープな線やエッヂを表現するのに適しています。
  • 露光時間はジアゾ感光乳剤の約2倍必要です。(7分30秒程度)。
  • 耐溶剤性にすぐれ、二次露光すると耐水性が増します。

アイセロフィルムの貼り方


  • (1)スクリーン面に水を与える
    フィルムが薄く均一になるように、スクリーンの面に水分を与えます。


  • (2)フィルムの接着〈1〉
    フィルムの表側を上にむけ、スクリーンわくをのせます。乾いたウエスで軽く押さえ、スクリーン面に密着させます。


  • (3)フィルムの接着〈2〉
    スクィージングを軽く2~3度くり返します。表面に乳剤が少し出てくれば定着完了です。


  • (4)乾燥・バックシートをはがす
    薄暗い所で、40℃以下の送風で完全に乾かしてからフィルムのバックシートをはがし、更に2~3分よく乾燥させた後、焼き付けをします。

Recommend | 関連商品

Category │ カテゴリー

  • 陶芸
  • 版画
  • クラフト
  • 明かり
  • ウッド
  • レザー
  • 粘土・彫刻
  • 七宝
  • ガラス
  • 彫金・金工