HOW TO

電気陶芸がまの保守管理はどのようにしますか?

どんな機械でもそうですが、使用間隔はあまり空けない方が良いようです。2~3ヶ月空くようでしたら、次に使用するときには空焼きをした方が作品にとって良いと思います。

  • 制御装置にホコリが入らないよう注意します。
  • かま全体に雨風が当たらないよう注意します。
  • 上扉型・横扉型ともパッキン材が使用されているものは、欠けたり凹んだりしていないか注意します。
  • ヒーター線の表面に粉が吹いてきたら、刷毛や筆ではらい落としてください。

Category │ カテゴリー

  • 陶芸
  • 版画
  • クラフト
  • 明かり
  • ウッド
  • レザー
  • 粘土・彫刻
  • 七宝
  • ガラス
  • 彫金・金工